管理人の記事一覧

  1. 接触角とセンサー値の相関係数

    広く普及しているダインペン、接触角の測定方法は、生産ライン上では測定ができません。抜き取り検査のみでの運用になります。そこで、生産ラインで非接触、非破壊で連続的に測定できる方法として開発されたのが蛍光を用いる検出方法です。

  2. OCA, OCRの測定にCurea(キュレア)が適しています

    UV 硬化樹脂はフィルム、スマートフォンなどの高機能製品においての利用が拡大している。

  3. UV硬化センサーCurea(キュレア)に関するよくある質問

    よくある質問:測定に適したサンプル形状の条件(質量、面積、厚みなど)は?回答:サンプルの光の透過する量にもよりますので、一概には言えません。   例えば、サンプルの厚みが違うものを測定しても、サンプルにセンサーの光がどこまで透過   するかにより、測定結果は同じになる可能性もあります。

  4. 引張り試験のチャック(クリップ)に困っていませんか?

    試料ステージにサンプルを挟み込む動作。引張り試験にはかならず付いて回りますよね。

  5. UV硬化センサーCurea に関するよくある質問のご紹介

    CureaでUV硬化状態を測定する際の測定範囲に関する質問面分布の測定:測定原理の図を見ますとUV光源は一つで、光学系によりフィルムの一点にフォーカスしています。

  6. Custron受託測定サービス拡張について

    Custron受託測定サービス拡張についてUV硬化樹脂・熱硬化樹脂の硬化収縮率・収縮応力の連続測定【Custron』の受託測定おかげさまで、Custronの受託測定が急激に増えております。そこで、弊社では少しでも早くて正確なデータをお届けするべく、装置の増設をおこないました。

  7. 【その場測定】研究向けの引張試験機で好まれる仕様

    研究向けの引張試験機で好まれる仕様アクロエッジの引張試験機(引張ステージ,試料ステージ)は、大学や研究機関などで大変ご好評いただいております。引張試験のみを行うだけではなく、引張ながら別の分析が可能であることや、サイズ・チャックの機構などにその理由があります。

  8. サンプル受託測定について(樹脂硬化収縮率・収縮応力)

    「装置購入の予定がないけど、データはしっかりとりたい」というお客様へアクロエッジでは樹脂硬化収縮率応力測定装置Custron(カストロン)の受託測定をおこなっております。この受託測定はお客様より大変ご好評いただいております。

  9. 引張試験機Stency(ステンシー)を用いた論文が公開されました!

    弊社製品 引張試験機Stency(ステンシー)は、沖縄科学技術大学院大学 錯体化学触媒ユニット様の『機械的刺激応答性ポリマーの研究』に使用され、学術雑誌 Chemical communicationsににて公開されております。また同研究のイラストが、本誌の裏表紙にも採用されております。

  10. 振動疲労試験機 Syclus(サイクラス)リリースのお知らせ

    繊維、フィルム, など高機能ポリマーの材料試験において、幅広い材料で使用するために設計された小型の疲労試験機を、2020年5月11日に発売いたしました。詳しくはお気軽にお問合せください。

ページ上部へ戻る