トピックス

真空度を自動調節【真空制御装置】


なぜこの装置ができたのか?

化学反応、高分子反応の実験研究、生産研究には、酸素がない状態での反応が必要な場合があります。

 

また反応中の真空度を段階的に制御する必要があり、反応過程に合わせて真空度を自動調節できる反応装置が必要な場合があります。

 

そういう研究者の方々の強いご要望により、この真空制御装置ができました。

アクロエッジの真空制御装置をご使用中のお客様の例

化学反応、高分子反応などの研究者、生産工程を研究する生産技術研究者

 

この装置の特徴は?

各種真空ポンプと反応装置の間に真空制御装置を接続することにより、設定した真空度を達成することができ、また予め設定した真空度を段階的に変化させることができます。

大容量の真空度達成が可能です。

 

お問合せはこちら。

製品ページはこちら。

Return Top