お知らせ

8.12018

樹脂硬化収縮応力物測定装置Custron(カストロン)についてご講演いただきます

樹脂硬化収縮応力物測定装置Custron(カストロン)について、ご講演いただきます

2018年11月7日(水)〜11月9日(金)に、石川県の石川県立音楽堂にて行われます、第68回ネットワークポリマー講演討論会にて、Custronについてご講演いただくことが決定いたしました。

ご講演いただきますのは、『地方独立行政法人  大阪産業技術研究所 森之宮センター 物質・材料研究部 高機能樹脂研究室長 平野    寛先生』です。詳しいプログラム等は追ってお知らせいたします。

Custronを用いた測定方法は、今秋にJIS交付予定でございます。大阪または東京ショールームでのデモンストレーションや、受託測定など、随時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

過去の記事

  1. 3.82019

    リリースのお知らせ

    UV硬化センサーCurea・表面改質センサーCaisitsの測定時に、サンプルの数点を測定し、平均値...

  2. 3.52019

    樹脂硬化収縮率応力物測定装置Custronのセミナー講演のお知らせ

    3月12日に、技術情報協会様開催のセミナー「エポキシ樹脂の硬化メカニズムと速硬化、応力測定 」にて、...

  3. 3.52019

    Custron特設ページを開設致しました。

    Custronに関する最新情報をよりわかりやすくお伝えするべく、Cutron専用のページを開設致しま...

ページ上部へ戻る