トピックス

UV硬化センサーCurea に関するよくある質問のご紹介

CureaでUV硬化状態を測定する際の測定範囲に関する質問

面分布の測定:

測定原理の図を見ますとUV光源は一つで、光学系によりフィルムの一点にフォーカスしています。

面分布を測定するためには、センサを移動させる、焦点スポット径を大きくするなどの方法をとるのでしょうか?

>>>

回答:装置から照射されるスポット径はφ2mm程度ですので、定点測定の場合は、移動させる必要はありませんが、面分布測定する場合
はリニアステージなどで連続移動させる事になります。

自動XYステージ等にセンサーを搭載し、マッピング測定をすることにより可能です。

詳しくはこちらをご覧ください。

フィルムなどの幅のあるサンプルの場合は、たとえば両端と中心部など、3点くらいにセンサーを設置して運用されるケースが多くみられます。

また、生産ライン上でロボットに取り付けることにより、任意の位置を予めセッティングしておき、測定することも可能です。こちらは、表面改質センサーCaisits(カイシツ)を取り付けた時の参考動画です。

 

定量的指標について:

定量的指標は、反射される蛍光変化率という理解でよろしいでしょうか?

>>>定量的指標は、微弱な紫外線を照射し、硬化度合いによって照射面から発光する蛍光発光量を測定します。

 

その他、様々なご質問に随時お応えしています。

お気軽にお問合せフォームよりご連絡ください。

Related post

Return Top