トピックス

JIS(日本工業規格)が制定されました

Custron

経済産業省「新市場創造型標準化制度」を活用して、弊社装置、樹脂硬化収縮率応力物測定装置 Custron(カストロン)を用いた測定方法が、 JIS規格 JIS K 6941として制定されました。

弊社は、UV硬化樹脂・熱硬化樹脂の硬化状態の変化を評価する装置『Custron(カストロン)』を開発・製造し、販売しております。

Custronは、紫外線(UV)硬化樹脂や熱硬化性樹脂などの収縮率および収縮応力を連続的に測定し挙動を確認できる装置です。わずかなサンプル量で測定が可能で、大学や研究機関を初めとする顧客向けに納入しております。 今後は国際基準に向けた取り組みも開始する予定です。

関連記事

ページ上部へ戻る