お知らせ

3.82019

リリースのお知らせ

UV硬化センサーCurea・表面改質センサーCaisitsの測定時に、サンプルの数点を測定し、平均値を自動で求めることができるソフトをリリースいたします。

測定値は一サンプルにつき10点まで測定することができ、その平均値を求めることにより、管理をよりスムーズに行うことができるようになります。

測定したデータ及び平均値は、エクセルファイルへ保存することができ、測定中にその時点での平均値を確認し、そのまま継続して測定を行うこともできます。

サンプルは10点まで記憶することができます。

それ以上の測定については、一度ファイルを保存してから新たに測定してください。

詳しくは、お気軽にお問い合わせください。

過去の記事

  1. 3.82019

    リリースのお知らせ

    UV硬化センサーCurea・表面改質センサーCaisitsの測定時に、サンプルの数点を測定し、平均値...

  2. 3.52019

    樹脂硬化収縮率応力物測定装置Custronのセミナー講演のお知らせ

    3月12日に、技術情報協会様開催のセミナー「エポキシ樹脂の硬化メカニズムと速硬化、応力測定 」にて、...

  3. 3.52019

    Custron特設ページを開設致しました。

    Custronに関する最新情報をよりわかりやすくお伝えするべく、Cutron専用のページを開設致しま...

ページ上部へ戻る