製品情報

UV硬化センサー Curea MI誕生

UV硬化センサーCureaシリーズから、待望の超小型サイズを発売いたします。
従来サイズのおよそ1/5という驚きのサイズダウンに成功しました。

Cureaをインラインに導入して品質管理がしたいけど、既存の生産ラインに組み込むにはサイズが大きい・・・
というお声にお応えします。

 

Curea(キュレア)とは?

UV硬化樹脂の硬化度合いを リアルタイムに 定量的に可視化。これまで不可能だったインラインでの全数検査を実現し、品質向上と製造効率向上を両立する評価装置です。

 

硬化度合い”をリアルタイムで定量的に可視化

サンプルに触れることなく測定ができるため、インラインでも非破壊の検査が可能です。

“硬化度合い”を定量的に、リアルタイムモニタリング可能です。

UV硬化樹脂によるフィルム接着など、サンプルがガラスやフィルムに挿まれている場合でも、そのまま測定することが可能です。

 

非破壊・非接触・連続計測

生産ラインからの抜き取りや、破壊検査が不要です。非破壊/非接触で、連続的なモニタリングを可能とします。

 

高い導入レイアウト自由度

小型・軽量で構成がシンプルな為、ロボットアームへの取り付け等、生産ラインへの自由度の高い導入レイアウトが可能です。

 

データの蓄積、分析、トレーサビリティー性

専用ソフトウェアを活用することで、品質と生産性の更なる向上と両立、トレーサビリティ性の向上をサポートします。

 

リアルタイムで測定

 

インラインの検査に最適(アナログ出力)

 

照明下で測定

室内照明や硬化用紫外線下でも安定した測定が可能です。
硬化状況を(硬化用)紫外線を照射しながら測定することができ、経時変化を観察することが可能です。

 

被測定物に合わせた機器選択が可能

実際のサンプルを測定し、被測定物にあった機種を選定させていただきます。

小型・取り付け簡単
センサーヘッドが小型で軽量なため自動ステージやロボット等に取り付けることが可能です。

ページ上部へ戻る