トピックス

インラインセンサーとして

UV硬化樹脂はスマートフォン・電子部品・液晶画面・印刷・フィルムの貼り合わせなど、様々なシーンで使われており、それらの評価方法は大半が目視・剥離試験・破壊検査・抜き取りによる 分析機器での検査などで行われています。

これらは全て、不良品が見つかった場合に、大量のロスが発生し、生産効率が悪いことが課題となっています。

例えば、スマートフォンを100 万台生産する工程において1000 台 に1 台破壊検査するとなると1000 台のスマートフォンを破壊する事となってしまいます。Cureaは、これらの課題を解決することができるインラインセンサーです。

関連記事

ページ上部へ戻る